読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kopug memo

名古屋で働くとあるWebエンジニアの覚書。

MRTGでグラフィカルサーバ監視

Linux

放置すると書きつつ結局貪ってしまった。
MRTGを使ってネットワークトラフィックから、CPU/MBの温度までを監視する。

Link : ネットワークトラフィック監視ツール導入(NET-SNMP+MRTG)
上記の方法でMRTGを構築後下記の作業を行う。

1. lm_sensors の インストール

 # yum -y install lm_sensors

2. lm_sensors の 初期化

 # /usr/sbin/sensors-detect

all YES でOK

3. lm_sensors を起動

 # service lm_sensors start
 # chkconfig lm_sensors on 

4. /etc/mrtg/mrtg.cfg に下記を追加

Target[cputemp]: `/usr/bin/sensors | grep temp | awk '{print $2}' | sed -e 's/+//' -e 's/[^0-9+\.].*//'`
MaxBytes[cputemp]: 100
Title[cputemp]: CPUとマザーボードの温度
PageTop[cputemp]: <h1>CPUとマザーボードの温度</h1>
Options[cputemp]: growright,absolute,gauge,nopercent,noinfo
WithPeak[cputemp]: ymw
#unscaled[cputemp]: dwmy
YLegend[cputemp]: Temperature
ShortLegend[cputemp]: C
LegendI[cputemp]: M/B
LegendO[cputemp]: CPU
Legend1[cputemp]: M/B
Legend2[cputemp]: CPU

こんな感じになります。
http://pugs.jp/mrtg/