読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kopug memo

名古屋で働くとあるWebエンジニアの覚書。

Java(TM) SE Development Kit 6 をインストールしてみる

sun のサイトからJDK6をダウンロードする

http://java.sun.com/javase/downloads/index.jspjdk-6-linux-i586-rpm.bin
$ sudo su -
# cp ~/jdk-6-linux-i586-rpm.bin /usr/local/src
# chmod +x jdk-6-linux-i586-rpm.bin
# ./jdk-6-linux-i586-rpm.bin

適当に承諾したり、Enter押していく

java-1.4.2-gcj-compat とか入っていたので削除しておく

# yum -y remove java-1.4.2-gcj-compat

JAVA_HOME とか環境変数に登録する。全ユーザ共通でいいので /etc/profile に登録

# vi /etc/profile
export JAVA_HOME=/usr/java/default
export PATH=$PATH:$JAVA_HOME/bin
export CLASSPATH=.:$JAVA_HOME/jre/lib:$JAVA_HOME/lib:$JAVA_HOME/lib/tools.jar

環境変数を反映させとく。

# source /etc/profile

ちゃんと入ってるのかな?

# java -version

java version "1.6.0"
Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.6.0-b105)
Java HotSpot(TM) Client VM (build 1.6.0-b105, mixed mode, sharing)

お決まりのソースを作って実行してみる。

$ vi HelloWorld.java
public class HelloWorld {
  public static void main(String[] args) {
    System.out.println("Hello World");
  }
}
$ javac HelloWorld.java
$ java HelloWorld

Hello World