読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kopug memo

名古屋で働くとあるWebエンジニアの覚書。

お名前.com の VPSを借りてみた

diary

最近巷を少し賑わしているお名前.comのVPSを借りてみた。

月額2,940円で、メモリ最大1G(通常512M)、HDD50Gとスペックだけ見ているとすごくお得な感じがした。
専用サーバを借りるほどでもなく、けどその辺のVPSのスペックだと不満・・といった状況だったので、
魅力に感じたわけで。

クレジットカードで申し込みをしたので大体1時間くらいで開通。
SSHでログインしてみて驚く。
なんだこれは・・・。

とちょっと大げさかもしれないけど、普通の仮想化とは違う感じ。
なんか殆どホストOSにラッピングされている感じ。
まずyumがありません。

なのでyumを自分でインストールして、パッケージをアップデート。
このアップデートが結構怖いところで、独自のパッケージを何も知らずにアップデートすると動かなくなる可能性がありそう。
僕はpostfixをアップデートして、メールの送信ができなくなりました。

で、このメールの送信なんだけど、このサーバからは25番ポートを使って相手に通信ができないようです。
なので、リレーの設定をmain.cfでしてあげないと、メールの送信ができないんだよね。

これ以外にも色々不思議なところはあるけども、ある程度弄れるので、使える人には良いのではないかなーと思った。