読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kopug memo

名古屋で働くとあるWebエンジニアの覚書。

Ruby on Rails(RoR) 開発環境を構築する

久々の更新です。(毎回言っているが…^_^;)
Railsの開発環境を急遽構築したという事もあり, 備忘録がてらに残します.

1. 最新のパッケージに更新をする

$ sudo yum -y update

2. 必要なパッケージをインストールしておきます

$ sudo yum -y install gcc kernel-devel zlib-devel openssl-devel readline-devel curl-devel libyaml-devel sqlite-devel

3. Rubyのインストールをする

普段ならrpmでインストールをしようとするのですが, ebenvを使ってrubyのバージョン(環境)管理をします.

$ sudo git clone git://github.com/sstephenson/rbenv.git /usr/local/share/rbenv
$ vi /etc/profile.d/rbenv.sh
export PATH="/usr/local/share/rbenv/bin:$PATH"
export RBENV_VERSION="1.9.3-p327"
export RBENV_DIR=/usr/local/share/rbenv
export RBENV_ROOT=/usr/local/share/rbenv
eval "$(rbenv init -)"
$ source /etc/profile.d/rbenv.sh

zsh を使っていると /etc/profile.d 配下を読み込まないので,以下を /etc/zprofileに追加

    for i in /etc/profile.d/*.sh ; do
      [ -r $i ] && source $i
    done

ruby-build をインストールして, rubyをいれる

$ sudo git clone git://github.com/sstephenson/ruby-build.git /usr/local/src/ruby-build
$ cd /usr/local/src/ruby-build
$ sudo ./install.sh

rubyをインストール

$ sudo rbenv install 1.9.3-p327
$ sudo rbenv rehash
$ sudo rbenv global 1.9.3-p327
$ sudo gem install bundler

rails, unicorn をインストール

$ sudo gem install rails unicorn